Y's Owl (ワイズアウル)

ワイズ・アウル・プログラムは、フォニックス・メソッド(Y’sフォニックス)を用い、子どもの成長過程に合わせた、YMCA独自の英語習得プログラムです。
英語のアルファベットは、名前(エイ・ビー・シー…)を知っていても、それだけでは単語を読むことはできません。そこで必要なのが,アルファ ベットの発音を学習し、単語が読めるようになる フォニックスの学習です。
毎日、Y’s Owlによる英語教育を行ないます。

     
 

 <カレンダータイム>    <フォニックスタイム>

カレンダータイムでは、あいさつや身体を動かしながらの大好きな楽しい歌に始まり、「今日は何日?」「今日は何曜日?」「お天気は?」という質問にも答えていきます。頭も耳も英語のウォーミングアップ完了です。

 

Y’sフォニックスを主体に、段階的に英語基礎力を開発していくプログラムで、大きな効果が認められています。その効果の理由は、基本であるアルファベット26文字の音と形を、より楽しくやさしく習得できるように工夫された「絵」と「シグナル」にあります。続けていくことで目から文字を、耳から音を、身体でシグナルを覚えていくことになります。

単語の75%は規則的な音からできていると言われており、その規則を学ぶことにより、子どもたちは、複雑なフォニックス(つづり字と音素の関係)のパターンを楽しく覚えられ、発音ができ、やがて自分で英語を読めるようになります。
     
 

 ラーニングタイム>    ストーリータイム>

楽しみながら会話のフレーズを身につけ、毎日の繰り返しの中で、日常生活における指示・挨拶を理解し、表現できるようになります。

 

ストーリータイムでは、子どもの好奇心と想像力を膨らませ、豊かな感性を育む絵本の読み聞かせ”を大切に考えています。

 

 

このサイトは スタジオ クラフトキューブ がサポートしています